About PDWC

  • HOME >
  • 大会概要

大会概要

PDWC(パーラメンタリーディベート世界交流大会)について

 選抜された日本の高校生達と、世界十数か国のトップ校から招聘した高校生達によるパーラメンタリーディベートを通して国際文化交流を行う大会(参加者:各校生徒3名、先生1名:計4名)。
 グローバル社会で活躍できる人材の育成のため、日本の高校生と多様な文化背景を有する同世代の海外の高校生達とが英語で真剣に意見を主張し切磋琢磨し、将来国際社会で活躍する能力を身につけ、一生涯の友情を育む機会を提供することが目的。

 この交流大会は、当大会会長である仲臺和子が自身の財団(一般財団法人 WakuPro)の「インターナショナルフレンドシッププログラム」の一環として提供するものであり、
 ① 日本と世界の高校生達がディベートを通じ様々な意見を交換し、将来に向けて世界平和を築く礎となる友情を育むこと、
 ② 世界各地域の歴史と文化の紹介を相互に行い、お互いを尊重し理解することに努め、多様性を楽しく受け入れること、
 ③ 世界の高校生たちに日本を見て・知って頂く機会を提供し、日本の文化や伝統を世界に向けて発信して頂くことを目指しております。

 また、この度は英国ロンドンを本拠地とするディベート・メイトの設立者である マーガレット・マッケイブ氏はじめ、世界中で活躍する優秀なメンターの方々を招聘させて頂くことにより、闊達なディベートのみならず、聞き手を尊重した誠意あるパブリックスピーチの心得の真髄を学んで頂くことが可能となりました。参加者のみならず、観覧者の皆様にも、豊かな時間を提供させて頂けることと存じます。  

開催概要

「2017 PDWC:2017年(第2回)高校生パーラメンタリーディベート 世界交流大会」
名称 「2017 PDWC:2017年(第2回)高校生パーラメンタリーディベート 世界交流大会」
日程 2017年2月9日~16日
①ディベート交流大会:2017年2月10日(金)~12日(日)
②エクスカ―ジョン:2017年2月13日(月)~15日(水)
会場
①2月9日~12日、15~16日:
ホテル・ヘリテイジ
〒360-0103埼玉県熊谷市小江川228番地 TEL:048-536-1212
(日) http://www.hotel-heritage.co.jp/ google map
②2月13日~15日:
ホテルエンゼルグランディア
〒949-6103 新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽4707-1 TEL:025-787-2811
(日) http://www.angel-g.co.jp/
(英)http://www.angel-g.co.jp/english/ google map
主催 一般財団法人WakuPro
(高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会実行委員会)
協力 ディベート・メイト(英国)
スポンサー企業 株式会社武蔵野銀行、ぶぎん総合リース株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社SMBC信託銀行、株式会社伊藤園、赤城乳業株式会社、 株式会社ヘリテイジリゾート・四季の湯温泉、農業生産法人ヘリテイジ・ファーム、株式会社エンゼル、エンゼルグランディア越後中里、 株式会社ひまわり、苗場酒造株式会社、 株式会社システムアドバンス、株式会社仲臺技研、株式会社仲臺事務センター、チーム和子、Westwood Capital (Asia) Limited、CONG TY CP DAU TU THUONG MAIL LOC NHAT VIET、NAM A BANK
後援 埼玉県、埼玉県教育委員会、埼玉県国際交流協会、熊谷市、熊谷市教育委員会、熊谷市国際交流協会、湯沢町、湯沢町教育委員会、
J-WAVE、エフエム富士、エフエム京都、エフエム横浜、エフエム福島、
埼玉新聞社、テレ玉(テレビ埼玉)、NACK5
テーマ 「平和」:過去から現在に至るまでの「平和」をテーマとした様々な内容を講 演者が話し、参加者は「未来に繋がる真の平和」を様々な角度から議論。ディ ベートで与えられた立場での議論を行った後は、自分が本当に思ったことを語り 合う時間も設け、競技のみならず心の交流も行い、真の意見交換を行う機会を提 供します。
ディベート形式 「英国式パーラメンタリーディベート(British Parliamentary Style)」: 英国に発祥する伝統的なスタイルで、世界的に広く普及。論題は、試合毎に異なるものが設定され、試合直前に発表。参加者は即興に近い形で議論。政府側 (Government, Proposition)・野党側(Opposition)で、立論・反駁がそれぞれ行われ、質疑応答は相手の立論中に行います。 2017 PDWCでは、人数は3人一組・2チームの6人制。準備時間は論題発表から試 合開始までの15~20分程度。各人の持ち時間は4分間。品格のある自信を 持った話し方を実践で身に着けて頂きます。

スケジュール

Feb. 9, 2017 3-4 Shuttle trips from Airport to Hotel
Registration upon arrival
18:00:Pre-event banquet
Feb. 10, 2017 (事前にチェックイン・登録)
07:00 朝食
09:00 アイスブレーク/リーダーシッププログラム
10:30 トレーニングディベート(ルール説明とウォームアップ)
12:00 昼食
13:00 トレーニングディベート
14:30 開会式
    スピーチ 1-1:京都大学 井手亜里教授
    (このスピーチの内容が次のディベート議題内容。以下同様)※ 集合写真
15:15 ミックスディベート1-1 (各国混合チーム)
16:30 休憩
16:40 スピーチ 1-2:真言宗僧侶 大西智城
17:00 ミックスディベート1-2 (各国混合チーム)
19:00 ウェルカムパーティー (カルチャーナイト)
和太鼓の演奏、各国紹介プレゼンテーション、その他
21:00 終了(その後、自由参加の企画有)
Feb. 11, 2017 07:00 朝食
08:30 集合
09:00 スピーチ 2-1:DebateMate設立者 マーガレット・マッケイブ
    ラウンド2-1(学校別。以下同様)
10:30 スピーチ 2-2
    ラウンド2-2
12:00 昼食
13:00 スピーチ 2-3
    ラウンド 2-3
14:30 振り返りの時間
15:30 各国紹介プレゼンテーション※各国の集合写真
18:00 夕食
18:30 フレンドリーディベートの勝者の表
21:00 終了(その後、自由参加の企画有)
Feb. 12, 2017 07:00 朝食
08:30 集合(一部の日本チームは8:00チェックアウト)
08:45 スペシャルインタビュー映像3-1:在英日本大使館 公使 飯田慎一
    ラウンド 3-1
10:10 スピーチ 3-2:東京芸術大学 客員教授 井上隆史
    セミファイナル 3-2
12:00 昼食(12:30 書道実演)
13:00 スピーチ 3-3:通訳者(広島被爆経験者)小倉桂子
13:30 ファイナル 3-3
14:30 閉会式
15:00 アフタヌーンティー
16:45 アフタヌーンティー終了
19:00 夕食
21:00 終了(その後、自由参加の企画有)
Feb. 13, 2017 08:30:Check Out (Pack for 2 days, keep large luggage at Heritage)
09:00:Depart (Travel by bus)
11:30:Oshino Hakkai (http://www.vill.oshino.yamanashi.jp/)
13:00:Lake Kawaguchi (https://www.fujisan.ne.jp/)
17:00:Angel Resort Yuzawa (http://www.angel-g.co.jp/english/)
18:00:Dinner
Feb. 14, 2017 All day:Skiing
(Instruction provided for Beginners. Advanced courses (slopes) also nearby)
18:00:Dinner

≪For teachers≫
09:30:Leave Angel Grandia Hotel
10:00:Arrive at Daigenta, begin snowshoeing experience
11:30:Soba noodle making (at Daigenta), lunch
13:30:Depart for Angel Grandia Hotel

【Supplies】snowshoes, poles, and shoes are available for rental.
【Dress】ski wear?especially gloves, hat, sunglasses?or equivalent is needed;
(Possible to rental the ski wears at the Angel Grandia Hotel.)

【Note】If guide determines that there is danger, guide may cancel event even after event has begun.
Feb. 15, 2017 08:00:Check out
08:30:Depart (Travel by bus)
08:50:Take Bullet Train to Tokyo
10:50:Tokyo (Tokyo Sightseeing)
18:30:Dinner at Hotel Heritage
Feb. 16, 2017 Various checkout times
3-4 Shuttle trips to Airport from Hotel
PAGETOP