キーノートスピーカー

  • HOME >
  • キーノートスピーカー

キーノートスピーカー

服部英二様

日本の比較文明学者。
名古屋出身。京都大学大学院博士課程満期退学。

フランス政府給費留学生としてパリ大学(ソルボンヌ)博士課程に留学。1973年ユネスコ
本部勤務、首席広報官、文化担当特別事業部長等。その間に「科学と文化の対話」シンポ
ジウムシリーズ、「シルクロード・対話の道総合調査」等を実施。94年退官後、ユネスコ
事務局長顧問、同事務局長官房特別参与、麗澤大学教授、同比較文明文化研究センター客
員教授、道徳科学研究センター顧問、地球システム・倫理学会会長、比較文明学会名誉理事。

著書

  • 『文明の交差路で考える』講談社現代新書 1995
  • 『出会いの風景 世界の中の日本文化』麗澤大学出版会 1999
  • 『文明間の対話』麗澤大学出版会 2003
  • 『文明は虹の大河 服部英二文明論集』麗澤大学出版会 2009
  • 『未来を創る地球倫理 いのちの輝き・こころの世紀へ』モラロジー研究所 2013

共著・編著

  • 『「対話」の文化 言語・宗教・文明』鶴見和子共著 藤原書店 2006
  • 『文明の風土を問う 対論 泥の文明・稲作漁撈文明が地球を救う』安田喜憲,松本健一,欠端實共著 麗澤大学出版会 2006
  • 『未来世代の権利 地球倫理の先覚者、J-Y・クストー』編著 藤原書店 2015

監修

  • 『科学と文化の対話 知の収斂 ユネスコ・国連大学シンポジウム』監修 麗澤大学出版会 1999
  • 『文化の多様性と通底の価値 聖俗の拮抗をめぐる東西対話』監修 麗澤大学出版会 2007

翻訳

  • ガブリエル・マルセル『道程 いかなる目覚めへの?』理想社 1976
  • ジェローム・バンデ編『地球との和解 人類と地球にはどんな未来があるのか』立木教夫共監訳 麗澤大学出版会 2009
服部英二

廣瀬翔也

学生時代にNGOを2団体設立(CITYNET Youth Japan、Climate Youth Japan)。
同NGOの活動を通じて国内での意識啓発活動・政策提言活動、国連会議でのロビー活動を経
験(COP15@デンマーク、COP16@メキシコ、COP18@カタール、Rio+20@ブラジル etc)。
2011年に世界一周し、世界中で気候変動が起きている事を実感。横浜市立大学国際総合科学
部卒業後、現在は総合商社に勤務。 廣瀬翔也

稲村健夫

一般社団法人イマココラボ
代表理事 / コンセプトデザイナー

1999年株式会社ジョブウェブの創業に参画。2003年からは取締役として、2年間で売上を
3倍に引き上げ、資本施策・事業提携にも中心的に関与。
2005年からはeラーニングを提供するベンチャー企業の法人セールス部門にて、トップセ
ールスとして活躍。2009年からは中国の現地法人の新規立ち上げに関わり、日中両国で1
50社以上のeラーニング研修コンサルティング、企画運営に携わる。
2012年には取締役副社長兼COOとして株式会社ドアーズの創業に参画し、同社の海外研修
プログラムが「日本の人事部 HRアワード」でプロフェッショナル部門の最優秀賞受賞を
受賞するなど、先進的な人材開発手法の開発に貢献した。
2015年からビジネスゲームを使った学びをファシリテートする中で、ゲームを使ったポジ
ティブアプローチの力に気づき、20代からずっと関心のあった社会システムの在り方にこ
そ、ゲーム×ポジティブアプローチが機能すると考えてカードゲーム「2030SDGs」を共同
開発。

2016年10月一般社団法人イマココラボを設立し代表理事に就任した。 稲村健夫

村中剛志

Co-Founder / 真理の探究者

大学卒業後、日本アイ・ビー・エムに 入社。金融業界を担当するITエンジニアを経て、3年間
イギリスに赴任。
帰国後、8,000人の組織を率いる役員補佐を担当しグローバルオペレーションを学ぶ。その後、
IBMビジネスコンサルティングサービスに参画し、翌年年間最優秀賞を受賞。2009年から4年間、
中国上海に赴任し、1,000人の中国人をリーダーとして率いる。グローバルの最前線で戦ってきた
が、近視眼的の目標達成サイクル、株主至上主義の行き過ぎた資本主義の限界を感じる。目標を
達成して一瞬の喜びはあるものの、次の四半期は、また次の目標がやってくるこのサイクルを回し
続けていても、自分自身、さらにはチームや組織、会社全体、さらには社会が幸せに向かっている
感じがしなくなる。新たなマネジメント、経営、社会を創造する可能性を求めて2012年末に中国か
らの帰国後、17年働いたIBMを退職後独立。

2013年「一人ひとりの意識変容から共に望む現実を創り出す」というビジョンのもと、2013年に
合同会社CCCを設立。

企業の経営層やマネージャー向けに意識変容を促すリーダーシップ育成などを行う。
2016年、仲間と共に一般社団法人イマココラボを設立。SDGs(国連が2015年に採択した持続可能
な開発目標)を中心に個々の意識変容からその先の社会変革を起こすために活動する。ホラクラシー
経営、Teal、応用脳科学、潜在意識、キネシオロジー、神智学/秘教など、真理の本質に興味を持ち
多方向から探求中。

著書『「先読み力」で人を動かす』(2008年出版)は、5万部を超えるベストセラーに。韓国、台湾
でも出版される。
村中剛志

PAGETOP